仕事を辞めたいとの意思を初めて勤めた会社の社長へ告げた時、その辞めたい理由を聞かれてどう答えてよいか迷いました。

本当の理由は、その社長についていく気がないこと(社員を大切にしないため)なのですが、そんなことを直接言うこともないと思ったので、なんとかそれなりのことを言おうと思ったものの、なかなか良い理由も見つからなかったからです。

結局は、もっと違う仕事もしてみたいという前向きっぽい感じの理由にしたわけですが、次の仕事の希望すらなかった私ですから、その後の問いには良い返答ができなかったのを今でも覚えています。

でも今から思うと、仕事を辞めたい理由はもっと真剣に考えた方が良かったです。それは、社長などに話す際に必要というのではなく、その後の自分の進むべき道を見つけるためにも、辞めたい理由を明確にしておく必要があると思うのです。(自分の進路をある程度は明確にしておいた方が良いです)

結局、私がその当時辞めたいと思った理由は、社長のことが一番でしたけれど、将来像を描いた時に期待できるようなものではなかったからだと思うのです。その当時はそれほどハッキリと認識はできていませんでしたけれど。

辞めたい理由が明確になっていれば、その後の転職活動においても自分が求める状況がハッキリとして、効率的に活動を進めていけるようになるはずです。私はまだハッキリとしていなかったので、そうした道へ進むべきかと悩みながら、数ヶ月間を無駄に費やしてしまいました。