仕事のストレスで眠れないという時期があって、いつも深酒をして無理矢理寝るような日々が続いていました。

たまたま(会社にはバレていないと思いますが)その間に異動があって、全く畑違いの仕事を0からするようになり、環境が変わったことや仕事量が減ったことから仕事のストレスが減り、お酒に頼らずに眠れるようになりました。

ただ、中にはお酒を飲む期間が長くなり、次第に飲む量も増え、アル中になってしまった人もいました。結局は休職することとなりましたが、最後の方が手が震えてパソコンを打つのも苦労するくらいになっていましたが、復職後に聞いてみると、私と同じように仕事のストレスから酒を頼るようになった結果だったそうです。

ストレスって、自分では認識していなくても強く精神や体にダメージを与えてしまうものなので、眠れないような症状が出たら、一刻も早く処置をすることをオススメします。酒に頼るような方法はやっぱり良くないと、苦しい時期を経験した私としては、強く感じますし、今度同じようなことがあれば、仕事を優先という生活ではなく、自分の体を守るために行動したいと思います。